環境

土壌・地下水汚染調査

土壌・地下水汚染調査

土壌・地下水汚染は大気や河川の汚染に比べて、これまで社会的に問題にされることがありませんでした。しかし、土壌汚染に対して厳しい目をもつ外資系企業が日本の不動産市場に参入してきたこともあり、不動産取引のために土地の資産価値を評価する段階で土壌・地下水汚染を調査する動きが活発になってきました。

この動きに伴い、土壌・地下水汚染の発見件数も増加しており、企業等にとって土壌・地下水汚染問題は他人事ではなくなってきました。

プロセス

株式会社 キタックでは、以下のとおりに「土壌・地下水汚染調査」を行っており、最終的には浄化対策までにご提案いたします。

土壌・地下水汚染調査のプロセス

プロセス

サンプリング

ジオプローブ

環境庁の「土壌・地下水汚染に係る調査・対策及び運用基準」の調査法に採用されたジオプローブを用います。打ち込みポールに装置を組み込み、ダイオキシンや環境ホルモン及びクロロエチレン等の揮発性有機化合物(VOC)の汚染物質調査や土壌・地下水のサンプリングが可能となります。