防災

モニタリングシステム

モニタリングシステム

本システムは、光ファイバを用いた歪み測定技術と、多点式ワイヤー変位計による測定技術を応用した、高耐久かつ効率的な傾斜モニタリングシステムです。

管理事務所で現場の状況を精度よくリアルタイムに把握でき、災害発生を瞬時にキャッチし、直ちに防災体制に入ることができる等、道路の維持管理を支援します。

FBG多点式ワイヤー変位計設置詳細図
FBG多点式ワイヤー変位計設置詳細図
モニタリングシステムイメージ図
FBG多点式ワイヤー変位計によるモニタリングシステムイメージ図

システムの特徴

この斜面モニタリングシステムは、光ファイバと多点式ワイヤー変位計の技術を応用したものであり、次のような特徴があります。

FBGセンサー

1.無誘導

FBGセンサー部は、石英を主材料としているため、電気を通さない特性をもち、外部(高圧電線や落雷)からの電磁誘導がなく、システムの誤動作についての心配が無い。

2.高耐久

変位計はグラウト材等により地下水と遮断されており、センサー部は降雨・融雪・凍結に対する劣化はないため、システムとして十分な耐久性があり、長期間の使用が可能である。

3.低損出

光ファイバーは、電気的搬送抵抗が発生しないため5km~30kmまでの長スパンの信号伝送が可能であり、中継装置等の設置を行う必要がありません。

4.設備投資の効率的運用

日本道路公団・国土交通省等の既設の情報光ファイバケーブルを使用することにより、情報を遠隔集中管理することができ、既存設備を有効活用できる。また、複数の監視個所の情報についても一カ所で集中管理することが可能となる。

5.取り扱いが容易

変位計、センサー部とも小型で軽量のため機動性に優れ、取り扱いが容易である。また、構成が簡素であり、システムの変更・増設が簡単である。

6.維持管理

地中の変位量を絶対値で測定できることから、道路の維持管理における管理基準値等の設定が可能である。

多点式ワイヤー変位計の特徴

この変位計は、下図に示すように複数のすべり面の活動を計測することができる特徴を有する。

変動がない状態
A.変動がない状態
すべり面1が活動した状態
B.すべり面1が活動した状態
すべり面2が活動した状態
C.すべり面2が活動した状態
すべり面3が活動した状態
D.すべり面3が活動した状態