PERSON

キタックで働く人々。社員紹介。

調査 技術第一部

調査 技術第一部

“大地の医者”は現場百篇!
「課題は常に現場にあるんだ。」

技術第一部は、大きくは“第一グループ”と“第二グループ”からなります。技術第一部の技術者は、土質及び基礎、応用理学を専門とし、土木構造物建設のための基礎地盤調査・解析や地すべり、土石流、斜面災害などの防災関係の調査・解析を行っています。

私たちの仕事は“大地の医者”と呼ばれるように、土木構造物建設中に発生する地盤変状や豪雨・地震災害で発生する斜面崩壊などに対して、現地調査やボーリング調査、最新機具を用いて大地の中身を診断し、適応する処方箋(対策工の図面)を提供することを業務としています。また、健康診断のように健全な斜面や堤防を診断し、手術が必要かなどの判断する業務を行っています。土質地質調査は、見えない世界(大地の中身)を想定し、解決策を打ち出すことから、技術者には2つの“想像力”、“創造力”が求められます。

刑事ドラマで「事件は現場で起きている!」と言われるように、“解決力”を養うには「常に現場を追究する姿勢」が技術者に求められる部門です。

佐藤 豊

技術第一部
取締役・技術第一部長

佐藤 豊

技術士・建設部門

各部署のお仕事紹介

第一グループ

部長・グループ長

江川 千洋

技術士

江川千洋

私たちの仕事場は丘陵~山岳地です。丘陵~山岳地にインフラ(トンネル、橋梁、砂防堰堤など)が計画されると、現場周辺を踏査し地質的問題点(断層、地すべりなど)を明らかにするとともに、そのレベルを把握するためのボーリング調査、物理探査、原位置試験等を立案し実施します。また、山の中では地すべり、崩壊、土石流といった災害が発生します。災害のメカニズムを解明し、適切な対策工を選定するのも主要な仕事の一つです。地質調査の要は踏査。現場を歩き回って、ときにはロープで崖を降りながら、自然(地質)を少しでも深く理解しようと頑張っています。

出身校:
信州大学大学院 工学系研究科 生物圏地球科学専攻
保有資格:
技術士・応用理学部門

第二グループ

グループ長

遠藤 雄治

RCCM
地質調査技士
地すべり防止工事士
土砂災害区域設定士

遠藤雄治

第二グループは地盤システム課と地質システム課の2つの課で構成されています。地盤システム課は平野部で橋や建物の地質調査を行っています。地質システム課は山地部で地すべりや崩壊などの斜面の地質調査を行っています。
また、近年は局地的豪雨が頻発しているため、道路の防災点検やロープを使用した斜面点検、地すべり災害調査も数多く実施しています。道路や橋の調査も斜面の調査も全て「地域住民の暮らし」に直結する仕事ですので、大変な場面も多くなります。しかし、私たちはチーム一丸となって、「地域住民の安心と安全」のために一生懸命仕事に取り組んでいます。

出身校:
関東学院大学 工学部 第二部建設工学科
保有資格:
RCCM(河川、砂防および海岸・海洋)、地質調査技士、地すべり防止工事、土砂災害区域設定士

私たちの仕事場は丘陵~山岳地です。丘陵~山岳地にインフラ(トンネル、橋梁、砂防堰堤など)が計画されると、現場周辺を踏査し地質的問題点(断層、地すべりなど)を明らかにするとともに、そのレベルを把握するためのボーリング調査、物理探査、原位置試験等を立案し実施します。また、山の中では地すべり、崩壊、土石流といった災害が発生します。災害のメカニズムを解明し、適切な対策工を選定するのも主要な仕事の一つです。地質調査の要は踏査。現場を歩き回って、ときにはロープで崖を降りながら、自然(地質)を少しでも深く理解しようと頑張っています。

出身校:
信州大学大学院 工学系研究科 生物圏地球科学専攻
保有資格:
技術士・応用理学部門

第二グループは地盤システム課と地質システム課の2つの課で構成されています。地盤システム課は平野部で橋や建物の地質調査を行っています。地質システム課は山地部で地すべりや崩壊などの斜面の地質調査を行っています。
また、近年は局地的豪雨が頻発しているため、道路の防災点検やロープを使用した斜面点検、地すべり災害調査も数多く実施しています。道路や橋の調査も斜面の調査も全て「地域住民の暮らし」に直結する仕事ですので、大変な場面も多くなります。しかし、私たちはチーム一丸となって、「地域住民の安心と安全」のために一生懸命仕事に取り組んでいます。

出身校:
関東学院大学 工学部 第二部建設工学科
保有資格:
RCCM(河川、砂防および海岸・海洋)、地質調査技士、地すべり防止工事士、土砂災害区域設定士

先輩社員よりひとこと

第一グループ

中村 健太郎

技術士補

中村健太郎

年々大きくなる体。今年は減量を目標に仕事をしてきましたが、地すべり地の踏査や原位置試験の険しい現場にも慣れてしまったのか、本当に険しい場所に行かなかったのかはわかりませんが、weightの方は現状維持に留まりました。最近、大盛りチャレンジにはまっているせいで本当は減量できていたのかもしれません。新潟のオムライスは美味しいのですが、何事も適量がいいと思います。山は空気がきれいでいいところだと思います。

出身校:
新潟大学大学院 自然科学研究科
保有資格:
技術士補・応用理学部門

第二グループ

星野 海斗

星野海斗

落石予防工の法面点検、トンネル発破時の安全点検などを行っています。クライミング技術を活かして危険な箇所を探し出していくお仕事です。一歩間違えれば危険な場所でもガンガン行きます。安全第一現場管理をしっかりと覚えていきたいです。休日は現場近くの日本海を眺めています。

出身校:
秋田大学大学院 工学資源学研究科

年々大きくなる体。今年は減量を目標に仕事をしてきましたが、地すべり地の踏査や原位置試験の険しい現場にも慣れてしまったのか、本当に険しい場所に行かなかったのかはわかりませんが、weightの方は現状維持に留まりました。最近、大盛りチャレンジにはまっているせいで本当は減量できていたのかもしれません。新潟のオムライスは美味しいのですが、何事も適量がいいと思います。山は空気がきれいでいいところだと思います。

出身校:
新潟大学大学院 自然科学研究科
保有資格:
技術士補・応用理学部門

落石予防工の法面点検、トンネル発破時の安全点検などを行っています。クライミング技術を活かして危険な箇所を探し出していくお仕事です。一歩間違えれば危険な場所でもガンガン行きます。安全第一現場管理をしっかりと覚えていきたいです。休日は現場近くの日本海を眺めています。

出身校:
秋田大学大学院 工学資源学研究科

設計 技術第二部

設計 技術第二部

地質を知り構造物の
スペシャリストになりませんか?

技術第二部は、構造物に関する設計業務を行っています。主な構造物は道路、橋梁、トンネル、砂防ダム、下水道です。最近はものを「造る時代」から「使う時代」さらに「マネジメントする時代」となっており、維持管理に係る業務(点検・調査・補修設計・維持管理計画策定)が増えています。

設計というとパソコンに向かって仕事をするイメージを持つ人がいると思いますが、良いものを造るヒントは現場にあります。問題・課題を注意深く、たくさん見つけることが大切です。そして、いろんなことを発想し解決します。構造物は土台となる地質により構造が大きく変わってくるため、地質は設計を行う上で重要な要素の一つです。キタックは設計以外にも地質分野も学べるところです。

地質を知り構造物のスペシャリストになりませんか。自分が設計した道路、橋、トンネルをみんなで走って、たくさんの人に感動を与え、たくさんの笑顔を見ませんか。

大塚 秀行

技術第二部
取締役・技術第二部長

大塚 秀行

技術士・建設部門

各部署のお仕事紹介

水工グループ

グループ長

味方 圭哉

技術士

味方圭哉

水工グループの仕事は「水」を中心とした構造物(堤防やダム等)の設計を行うことが大半です。何処にどのような構造物を造ることで「暮らしている人達が安全かつ豊かに生活が送れるか」という事を考え、造る構造物の絵を描き、結果を文章にまとめています。
仕事をする上で「現場で何が起きているのか」「利用者、お客さんの要望は何か」等、分からないことばかりですが、その度に、メンバー全員で知恵を出し合い、乗り越え、成長しています。自分達の成長と地域社会の発展が繋がっている事がやりがいの一つです。メンバーは大局を見据え些細な事は水に流せる前向きな人間ばかりです。

出身校:
金沢工業大学 工学部 土木工学科
保有資格:
技術士・建設部門

構造グループ

チームリーダー

門口 健吾

RCCM
技術士補

門口 健吾

構造グループの業務は、橋梁などの道路に関わる新規構造物の計画・設計と、既設構造物の調査・診断・維持管理計画・補修設計が主な内容です。最近よく「長寿命化」あるいは「維持管理」という言葉を耳にすると思いますが、私達の仕事は、今まさにこの言葉がキーワードです。土木構造物の世界も高齢化が進んでいます。構造物も人間と同じように、年を重ねると体力が落ち、病気もしやすくなるので、メンテナンスや予防措置が大事になってきます。そのためによりよい対策を日々考え、市民のみなさんのインフラを守る、それが私達の使命です。

出身校:
長岡技術科学大学大学院 工学研究科 建設工学専攻
保有資格:
RCCM(鋼構造及びコンクリート)、技術士補・建設部門

道路グループ

次長・グループ長

森 将恒

技術士

森 将恒

主として主要地方道路やバイパス道路・インターチェンジの計画・設計に携わっています。道路設計とは「道路の位置、方向、高さ、幅、周辺の構造物」の決定です。道路構築にかかる費用と開通後の利便性を数値化し、道路整備の優先順位決定のための分析を行います。

他にも新潟県内の事故多発地点での事故発生形態、道路形状等を調査し、事故発生原因の推定、事故対策の提案・設計等も行います。災害時には、被災箇所の調査・設計にも従事します。いずれも人命や社会的財産を守る仕事であり、常に自分の仕事に誇りを持って携わっています。

出身校:
長岡工業高等専門学校 土木工学科
保有資格:
技術士・総合技術監理部門、建設部門、コンクリート診断士

水工グループの仕事は「水」を中心とした構造物(堤防やダム等)の設計を行うことが大半です。何処にどのような構造物を造ることで「暮らしている人達が安全かつ豊かに生活が送れるか」という事を考え、造る構造物の絵を描き、結果を文章にまとめています。
仕事をする上で「現場で何が起きているのか」「利用者、お客さんの要望は何か」等、分からないことばかりですが、その度に、メンバー全員で知恵を出し合い、乗り越え、成長しています。自分達の成長と地域社会の発展が繋がっている事がやりがいの一つです。メンバーは大局を見据え些細な事は水に流せる前向きな人間ばかりです。

出身校:
金沢工業大学 工学部 土木工学科
保有資格:
技術士・建設部門

構造グループの業務は、橋梁などの道路に関わる新規構造物の計画・設計と、既設構造物の調査・診断・維持管理計画・補修設計が主な内容です。最近よく「長寿命化」あるいは「維持管理」という言葉を耳にすると思いますが、私達の仕事は、今まさにこの言葉がキーワードです。土木構造物の世界も高齢化が進んでいます。構造物も人間と同じように、年を重ねると体力が落ち、病気もしやすくなるので、メンテナンスや予防措置が大事になってきます。そのためによりよい対策を日々考え、市民のみなさんのインフラを守る、それが私達の使命です。

出身校:
長岡技術科学大学大学院 工学研究科 建設工学専攻
保有資格:
RCCM(鋼構造及びコンクリート)、技術士補・建設部門

主として主要地方道路やバイパス道路・インターチェンジの計画・設計に携わっています。道路設計とは「道路の位置、方向、高さ、幅、周辺の構造物」の決定です。道路構築にかかる費用と開通後の利便性を数値化し、道路整備の優先順位決定のための分析を行います。

他にも新潟県内の事故多発地点での事故発生形態、道路形状等を調査し、事故発生原因の推定、事故対策の提案・設計等も行います。災害時には、被災箇所の調査・設計にも従事します。いずれも人命や社会的財産を守る仕事であり、常に自分の仕事に誇りを持って携わっています。

出身校:
長岡工業高等専門学校 土木工学科
保有資格:
技術士・総合技術監理部門、建設部門、コンクリート診断士

先輩社員よりひとこと

水工グループ

小池 進太郎

技術士補

インタビュー

小池進太郎

道路グループ

星野 大雅

測量士補

星野大雅

主に、斜面の崩壊対策や落石対策の設計を行っています。災害対応となることが多いため迅速かつ的確な対策工の検討が必要です。わからない事が多いため、業務を通し学ぶことが多いですが、先輩方に優しくフォローしてもらいながら楽しく仕事をしています。
今後の目標は、仕事の流れを理解して、少しでも早く仕事を進められるようになる事です。
キタックは会社全体でのイベントがいくつかあり、夏には夏祭りがあります。違う部署の方とも関わる機会が多く社員同士の交流が良い息抜きとなると思います。休日は、もともとインドア派なので自宅で過ごすことが多いです。料理を作ることが趣味なので、最近は肉料理のレパートリーを増やしたいと思っています。

出身校:
長岡工業高等専門学校 環境都市工学専攻
保有資格:
測量士補

主に、斜面の崩壊対策や落石対策の設計を行っています。災害対応となることが多いため迅速かつ的確な対策工の検討が必要です。わからない事が多いため、業務を通し学ぶことが多いですが、先輩方に優しくフォローしてもらいながら楽しく仕事をしています。
今後の目標は、仕事の流れを理解して、少しでも早く仕事を進められるようになる事です。
キタックは会社全体でのイベントがいくつかあり、夏には夏祭りがあります。違う部署の方とも関わる機会が多く社員同士の交流が良い息抜きとなると思います。休日は、もともとインドア派なので自宅で過ごすことが多いです。料理を作ることが趣味なので、最近は肉料理のレパートリーを増やしたいと思っています。

出身校:
長岡工業高等専門学校 環境都市工学専攻
保有資格:
測量士補

環境 環境地質技術センター

環境 環境地質技術センター

新鮮な感覚と知性を求む!
試験室を完備したコンサルタントです。

環境地質技術センターは、主に環境関連分野と地盤工学分野の業務を担当しています。環境関連分野では、地下水、湧水、海洋深層水などの水質分析、工場跡地などの土壌汚染、環境用水(生態系を維持するために水辺を確保するための用水)の導入による生態系への影響などの調査を実施しています。業務の発注者は、主に地域の自治体です。地盤工学分野では、最新の試験機を使い、地盤の性質や強度を計測し、地盤の液状化や斜面の崩壊などの防止対策を提案しています。業務の発注者は、国、地域の自治体及び民間企業です。化学分析では計量法に基づく計量証明機関(県内12社程度)、土壌汚染では土壌汚染対策法に基づく指定調査機関(県内14社)の認証を取得しています。地盤の試験では、県内の地質系コンサルタント会社で土質試験室を保有しているのは県内で4社にすぎません。

当社は、このように地圏環境を的確に計測するシステムを整えています。法令や国家規格で定められた手法を、正確に手順どおり実施することが基本ですが、得られた結果をもとに、環境汚染や地盤災害の防止対策を提案することが最も大切です。

新たに社会に船出する皆さんの新鮮な感覚と知性を求めています。

関谷 一義

環境地質技術センター
取締役・
環境地質技術センター長

関谷 一義

技術士・環境部門

先輩社員よりひとこと

環境分析グループ

山際 由夏

技術士補

インタビュー

山際由夏

環境分析グループ

平田 晴菜

博士(工学)

平田晴菜

主に工事による湧泉・井戸水への影響評価(水質分析)や廃棄物処分場廃止に係る検討業務(観測井戸の設置、試料採取、分析等)を担当しています。法律に基づいた業務計画書を作成し、顧客へ説明した後現場作業、分析およびデータ解析、報告書作成、最後に顧客への報告書内容の説明と仕事は多岐に渡ります。
コンサルタント(=専門的な相談役)として、顧客の悩みを的確に理解して解決するにはまだまだ経験不足だなと痛感する毎日です。

出身校:
長岡技術科学大学大学院 工学研究科 生物統合工学専攻
保有資格:
博士(工学)

主に工事による湧泉・井戸水への影響評価(水質分析)や廃棄物処分場廃止に係る検討業務(観測井戸の設置、試料採取、分析等)を担当しています。法律に基づいた業務計画書を作成し、顧客へ説明した後現場作業、分析およびデータ解析、報告書作成、最後に顧客への報告書内容の説明と仕事は多岐に渡ります。
コンサルタント(=専門的な相談役)として、顧客の悩みを的確に理解して解決するにはまだまだ経験不足だなと痛感する毎日です。

出身校:
長岡技術科学大学大学院 工学研究科 生物統合工学専攻
保有資格:
博士(工学)

営業 事業推進部

営業 事業推進部

志をもって感動できる仕事を
一緒にしてみませんか?

販促管理部門は、事業推進部と東日本事業部で構成されています。
私の所属する事業推進部は、本社 事業推進課、北信越事業所、佐渡事業所から成り、営業エリアは、新潟県内をメインに北陸地方を担当しています。

私たちの仕事は、クライアント(国・地方自治体・民間など)から業務を受注するための企画提案営業、見積・積算、顧客管理、受注業務のマネジメント、営業事務(契約・精算手続き)などを行っています。

自分の携わった仕事が竣工し、橋梁・道路などを実際に利用した時の達成感と充実感は、次の仕事へのモチベーションにもなります。

志をもって感動できる仕事を一緒にしてみませんか?

齋藤 浩幸

事業推進部長

齋藤 浩幸

部署のお仕事紹介

先輩社員よりひとこと

事業推進部

チームリーダー

加藤 克裕

加藤 克裕

『お客様が満足していただける企画提案をしませんか。』
主な業務内容は、官公庁を中心に受注のための情報収集をしながらお客様のニーズに沿った企画提案を行い契約から業務完了後のアフターフォロー等を行います。見積、積算、契約書、請求書の作成及び部門間調整、顧客との折衝等もしなければいけません。そのためには、幅広い分野の知識が求められます。
自分が追っかけている案件に対した提案が採用され受注できた時の達成感は何物にも代えがたいですよ。世代を超えた様々な方々との出会いもまた魅力。

出身校:
新潟電子計算機専門学校 情報システム科

先輩社員よりひとこと

事業推進部

高橋 宏和

インタビュー

高橋 宏和

東日本事業部

田中 圭

田中 圭

主に官公庁や地方自治体が発注する業務の情報収集と、入札・契約・成果品納入までの書類作成を行っています。一般的な物を売る「営業」とは違い、会社の技術力を知ってもらうことが弊社の「営業」の仕事だと思っています。自分が係った仕事が長く形に残り、多くの人の役に立ち生活を支えるという魅力に惹かれ、この業界に入りました。
趣味はトレイルランニングや登山で、休日は静かな山の中でリフレッシュしています。

出身校:
武蔵野大学 環境学部 環境学科 環境学専攻

『お客様が満足していただける企画提案をしませんか。』
主な業務内容は、官公庁を中心に受注のための情報収集をしながらお客様のニーズに沿った企画提案を行い契約から業務完了後のアフターフォロー等を行います。見積、積算、契約書、請求書の作成及び部門間調整、顧客との折衝等もしなければいけません。そのためには、幅広い分野の知識が求められます。
自分が追っかけている案件に対した提案が採用され受注できた時の達成感は何物にも代えがたいですよ。世代を超えた様々な方々との出会いもまた魅力。

出身校:
新潟電子計算機専門学校 情報システム科

主に官公庁や地方自治体が発注する業務の情報収集と、入札・契約・成果品納入までの書類作成を行っています。一般的な物を売る「営業」とは違い、会社の技術力を知ってもらうことが弊社の「営業」の仕事だと思っています。自分が係った仕事が長く形に残り、多くの人の役に立ち生活を支えるという魅力に惹かれ、この業界に入りました。
趣味はトレイルランニングや登山で、休日は静かな山の中でリフレッシュしています。

出身校:
武蔵野大学 環境学部 環境学科 環境学専攻

TOPICS
ダイバーシティ 推進中!

~株式会社キタックは働きやすい職場を目指しています~

技術第二部
構造グループ

大毛利 響子

技術士補

大毛利 響子

主な業務内容は、既設構造物(スノーシェッドや橋梁、急傾斜地崩壊防止施設など)の健全度診断や補修設計です。老朽化した構造物に発生している損傷に対して健全度を評価し、最適な補修対策を立案します。仕事をしている上で楽しいと思う場面は、構造物(コンクリートや鋼)の劣化メカニズムや特性について、経験や勉強を重ね、納得できた時です。一方で、締切りの間近など帰宅時間が遅くなる時はつらいと感じます。家事の分担を協力してくれる寛大な夫に日々助けられています。

出身校:
長岡技術科学大学 工学部 建設工学課程
保有資格:
技術士補・建設部門

技術部第二部
水工グループ 主任

石丸 俊太郎

技術士補

石丸俊太郎

主に砂防・河川分野の設計業務に携わっています。 息子の誕生をきっかけに子供との時間をもっと取りたいと思い、妻からの要望もあったため、上司と相談のうえ育児休暇を取得しました。
育休当初は私の育児に不慣れで、よく泣かれたり逃げられましたが、妻からのアドバイスのもと少しずつ慣れてくると、息子も笑顔を多く見せてくれました。
育休があけた後も、休日は子供と一緒に掃除をしたり公園や水族館に行ったり、平日の夜は絵本を読んだりして過ごしています。

出身校:
山梨大学大学院 医学工学総合教育部
保有資格:
技術士補・建設部門

技術第二部
道路グループ 主任

佐藤 育実

佐藤 育実

道路に関する色んな仕事をしています。設計はもちろんのこと、費用便益分析や、施設に関するアンケート、全国の道路に関するデータの整理なども行っています。
子育てをしながら働くことは大変ですが、周囲の協力を得ながら両立しています。重要なのは一人で抱え込まないこと、そして、周囲に感謝し、常に報告・連絡・相談を行うことです。男性ばかりの職場で「ママ」が働くことに対して、はじめは不安に思うかもしれませんが、母の強さ、優しさ、図々しさを最大限に発揮して仕事をすれば、自ずと良い結果が付いてきます。キタックはそんな個性を大事にし、応援してくれる会社です。

出身校:
新潟大学大学院 自然科学研究科

主な業務内容は、既設構造物(スノーシェッドや橋梁、急傾斜地崩壊防止施設など)の健全度診断や補修設計です。老朽化した構造物に発生している損傷に対して健全度を評価し、最適な補修対策を立案します。仕事をしている上で楽しいと思う場面は、構造物(コンクリートや鋼)の劣化メカニズムや特性について、経験や勉強を重ね、納得できた時です。一方で、締切りの間近など帰宅時間が遅くなる時はつらいと感じます。家事の分担を協力してくれる寛大な夫に日々助けられています。

出身校:
長岡技術科学大学 工学部 建設工学課程
保有資格:
技術士補・建設部門

主に砂防・河川分野の設計業務に携わっています。 息子の誕生をきっかけに子供との時間をもっと取りたいと思い、妻からの要望もあったため、上司と相談のうえ育児休暇を取得しました。
育休当初は私の育児に不慣れで、よく泣かれたり逃げられましたが、妻からのアドバイスのもと少しずつ慣れてくると、息子も笑顔を多く見せてくれました。
育休があけた後も、休日は子供と一緒に掃除をしたり公園や水族館に行ったり、平日の夜は絵本を読んだりして過ごしています。

出身校:
山梨大学大学院 医学工学総合教育部
保有資格:
技術士補・建設部門

道路に関する色んな仕事をしています。設計はもちろんのこと、費用便益分析や、施設に関するアンケート、全国の道路に関するデータの整理なども行っています。
子育てをしながら働くことは大変ですが、周囲の協力を得ながら両立しています。重要なのは一人で抱え込まないこと、そして、周囲に感謝し、常に報告・連絡・相談を行うことです。男性ばかりの職場で「ママ」が働くことに対して、はじめは不安に思うかもしれませんが、母の強さ、優しさ、図々しさを最大限に発揮して仕事をすれば、自ずと良い結果が付いてきます。キタックはそんな個性を大事にし、応援してくれる会社です。

出身校:
新潟大学大学院 自然科学研究科

育児休業取得者数

男性の育児休業取得を励行。
男女共に100%を達成!
2016年度
  • 【女性】取得対象者数 1名、取得者数 1名(取得率 100%)
  • 【男性】取得対象者数 1名、取得者数 1名(取得率 100%)

充実したサポート体制

様々なサポート体制が認められています。
  • くるみん認定

  • ハッピーパートナー登録

  • イクメン応援宣言企業登録

  • 女性のチカラを活かす企業認証