会社情報

社会活動

社会活動

当社は、積極的に地域貢献に取り組んでいます。

地域に向けての主な講演会

当社は、地域の文化振興に向けて講演会を開催しています。(抜粋)

講座名 実施年月 講師
40周年記念文化講演会 第3回
「地球深部探査船『ちきゅう』が切り拓く
日本近海の海底資源:開発の現状と最先端の研究」
平成25年5月 独立行政法人海洋研究開発機構
海洋資源研究プロジェクトリーダー 木川 栄一 氏
40周年記念文化講演会 第2回
「現代版北前船~縁えにしの船、日本海をつなぐ」
平成25年4月 チェンバロ奏者
現代版北前船プロジェクト副代表 明楽 みゆき 氏
40周年記念文化講演会 第1回 「公益の追求者 渋沢栄一」 平成25年4月 渋沢栄一史料館 館長 井上 潤 氏
文化講演会
「薬師寺 安田暎胤管主・大谷徹奘執事法話の会 ~心の絆を求めて」
平成18年11月 薬師寺管主 安田 暎胤 師
薬師寺執事 大谷 徹奘 師
文化講演会「 天空の寺院アンコールワット」 平成17年12月 上智大学 学長 石澤 良昭 氏
鑑賞講座 「新井満 絵本原画展」 平成17年4月 作家 新井 満 氏
文化講演会 「薬師寺 安田暎胤管主・大谷徹奘執事法話の会」 平成16年11月 薬師寺管主 安田 暎胤 師
薬師寺執事 大谷 徹奘 師
創立30周年 店頭上場5周年記念文化講演会 「現代社会を考える」 平成15年10月 産業技術総合研究所 つくばセンター所長 平石 次郎 氏
淑徳大学 教授 北野 大 氏
特別講演会 「禅の山河」 平成12年10月 臨済宗相国寺派管長 有馬 頼底 師
新井満氏「新井満 絵本原画展」 講演
新井満氏「新井満 絵本原画展」 講演
薬師寺 安田暎胤管主・大谷徹奘執事 法話の会
薬師寺 安田暎胤管主・大谷徹奘執事 法話の会
40周年記念文化講演会 第3回 木川 栄一氏 講演
40周年記念文化講演会 第3回 木川 栄一氏 講演

技術交流

当社は、各国と技術協力・技術交流をしています。

各国との技術交流

取組み年度 エリア
昭和54年より取り組み 北東アジア 中国
昭和50年代より取り組み 韓国
平成4年より取り組み ロシア
平成9年より取り組み モンゴル

学協会を通じての貢献

当社は、業に関連する学協会の事務局運営や、講習会・講演会等に技術社員を派遣し、地域の学術・技術向上に貢献しています。

事務局支援団体

  • (公社)日本技術士会北陸本部事務局
  • (社)地盤工学会北陸支部事務局
  • (社)日本応用地質学会北陸支部事務局
  • 新潟県小水力利用推進協議会

講演会・講習会への講師派遣

近年の講師実績

年度 主催 内容
平成25年 平成25年日本技術士会北陸本部 「石川県河北市防火協会『防災講習会』」
平成25年 平成25年日本技術士会北陸本部 「白山市鶴来本町3・4丁目町内会 防災勉強会」
平成25年 平成25年日本技術士会北陸本部 「新津地域振興事務所職員研修(活断層)」
平成25年 日本技術士会北陸本部 「防災セミナー(北陸地方の災害と防災)」
平成24年・25年 建設コンサルタンツ協会北陸支部 「小学生のための出前講演(新潟市立大形小学校)」
平成24年 (株)キタック 「長岡地域振興局(山地防災セミナー)」
平成24年 地すべり学会 「新潟支部現地検討会(国川地すべり)」
平成24年 新潟県地質調査業協会 「地質リスク講習会」
平成22・23・24・25年 新潟県地質調査業協会
新潟県地質調査業協会
地すべり防止工事士会
「新潟県・新潟市職員研修(建設セミナー)」
「地質調査技士登録更新講習」
「登録地すべり防止工事試験受験講習会」
平成22年 日本応用地質学会北陸支部 「地質リスク産官学連携講習会」
平成22年 日本技術士会北陸本部 「津川地域振興局職員研修(地質)」
平成22年 日本応用地質学会北陸支部 「特別講演で四川大地震」

公益財団法人 知足美術館

知足美術館

知足美術館は、平成8年5月に開館しました。館名の「知足」は禅林句集の「吾唯知足」から取ったもので、己の分をわきまえ、おごりの心を持たないことを意味します。

所蔵品は日本画、洋画、陶芸、北東アジアの絵画など、寄託作品も合わせ1千点を超えています。初代歌川広重の保永堂版「東海道五拾三次」全55図をはじめ、横山操や土田麦僊、斎藤真一などの作品があります。平成23年12月に、企業内美術館から一般財団法人に、そして平成27年4月より公益財団法人「知足美術館」として新たな船出をしました。展覧会に合わせて作家や学識者による記念講演会や鑑賞講座を重ねています。収蔵品の紹介とともに、地域の人々に喜んでもらえる企画展を続けていきたいと考えています。

知足美術館

福祉活動の取り組み

ケアハウス知足荘

平成17年より福祉への関心を持ち、平成18年3月に社会福祉法人「知足常楽会」を設立、認可を受け、ケアハウス「知足荘」を設置しました。福祉事業としては最も簡易なものですが、将来、さらに発展の可能性を含め検討しております。なお、施設は地域住民との共助となることを趣旨としています。3階建て30室の街なかケアハウスとして好評を頂いておりますし、従業員は健康な高齢者の受け皿ともなっています。

社会福祉法人 知足常楽会

在新潟モンゴル国名誉領事館

モンゴル国及び新潟県の要請、日本国外務省の承認により、社長 中山輝也が名誉領事に任命されました。平成19年7月9日、モンゴル国名誉領事館が弊社内に開設されております。新潟、富山、石川、福井、山形、山梨が管轄です。領事業務を行うほか、在日モンゴル人の各種相談等を受け付けています。平成24年以降は観光ビザが不要となり、現在は地域間の経済・技術協力に取り組んでおります。

在新潟モンゴル国名誉領事館

環境地質科学研究所

キタックの社業で培った技術に基づき社会に貢献するため、平成元年7月に(財)産業地質科学研究所として設立しました。主に研究年報の発刊、県内関係大学との共同研究や、研究費の助成事業(43件)、新潟県内の地盤情報収集、データベースの構築及び環日本海経済圏鉱産図発刊に向けての編纂・取り組み「環境研修セミナー」の開催等、事業化活動の推進に努めました。(財)環境地質科学研究所へと名称変更し、平成12年9月には環境研究室を新設して土壌・地下水の化学分析を行う環境計量証明事業所として登録しました。平成21年3月の公益法人法の改正に伴い一旦解散し、キタックに新たに設けた環境地質技術センターへ業務を引き継ぎました。

環境地質技術センター

社会貢献による受賞

  • 新潟県経済振興賞(平成7年受賞)
  • 日刊工業新聞社(平成9年受賞)
  • 渋沢栄一賞(平成23年受賞)