事業案内

環境地質技術センター

環境地質技術センター
試験室にて軟弱地盤・土の粒度試験

環境地質技術センターは、主に環境関連分野と地盤工学分野の業務を担当しています。

環境関連分野では、地下水、湧水、海洋深層水などの水質分析、工場跡地などの土壌汚染、太陽光、小水力、潮流などの再生可能エネルギーの利活用などの調査を実施しています。

地盤工学分野では、地盤の液状化や斜面の崩壊などの地盤災害を防止するために不可欠な基礎的データ(地盤・岩盤の力学的性質等)の試験・計測を実施しています。

ジオプローブによる土壌汚染調査

分析業務では計量法に基づく計量証明機関(濃度(水質・土壌))、土壌汚染業務では土壌汚染対策法に基づく指定調査機関の認証を取得しています。地盤の試験業務では、県内の地質系コンサルタント会社としては数少ない土質試験室を保有しています。

弊社は、このように地圏環境を的確に計測するシステムを整えています。

さらに、近年は、自然エネルギーの利活用など社会の持続可能性を見据えた業務を展開しています。

環境事業の紹介

地域おこし事業の紹介